英語を活用したグローバルな外資系企業への転職

普段の業務から英語の活用が可能

外資系企業への憧れを持っている人も多く、いつかはグローバルな企業で勤務をしてみたいと感じている人も多いでしょう。そんな人にとっては、まずは外資系企業の特徴を知る所から始めてみてはいかがでしょうか。本国所在地、業種、そして規模等様々な種類の外資系企業が展開されていますので、近年は目的に合わせて企業を選択する事も出来る様になりました。しかし多くの企業で英語を必要とされるケースが多く、語学力が求められる点は事前に理解しておきましょう。

具体的に必要な英語レベルとは

そんな外資系企業で勤務をするには、具体的にはどの程度の英語力が必要とされるのでしょうか。近年はTOEICで判断される事もありますが、参考スコアは700点から800点以上は必要と言われています。しかし、外資系企業での勤務は実際に英語でのコミュニケーションや交渉が必要とされるケースがありますので、スコアよりも実際に話すスキルの方が求められる事を覚えておきましょう。いくらスコアが高くでも話すスキルがなくては、実践で活躍する事が難しいでしょう。

そんな外資系企業で勤務するには

一度は挑戦してみたい外資系企業への転職を考えた際には、どの様に企業を探し、そして選考を受けるべきなのでしょうか。日本企業とは異なり、カジュアルな面接を実践してくれる事もあり、堅苦しくない面接も可能です。自身で気になる企業があれば、直接連絡をし求人に応募したり、転職エージェントを活用して企業を探してもらう事も一つの方法でしょう。まずは面接に進む所が重要ですので、いくつかの企業へ応募し、選考を受けてみてはいかがでしょうか。

英語の転職で成功するには英語力が重要なのは当然ですが、勝負を決めるのは情報力です。事前にどのような分野の英語力が求められてるのかじっくり調べる事も大切です。