保育士になりたい人の働く場所と、それぞれの働き方について

公立保育園や私立保育園で働く場合

公立保育園や私立保育園で働く人は、保育士になりたいと思って保育士の資格を取得したばかりの人がおすすめです。国の管理によって守られている場所のため、保育の基礎を学ぶことができます。運動会や学芸会などのイベントや、七夕やクリスマスといった行事もしっかりと行うことが多く、保育士としての知識や技術を常に高める働き方ができます。また、子どもの成長を真近で見ることで、成長の喜びを保護者と共に感じあえることができます。しかし、その分、業務量は多く、体力、メンタルが強くなければなりません。

病院に併設されている病児保育で働く場合

病院内に併設されている病児保育で働く場合は、普通の保育園と違って、病気の子を預かることになります。そのため、普通の保育ではなく、子どもたちを見守ることが第一となっています。通常は看護師も常駐しており、何か異常があった時には対処をしてくれます。基本的に子どもは寝ているため、普通の保育園と違ってゆったりとした時間が流れています。そのため、保育士として経験を積んだ年配の方におすすめの職場になっています。

事業所内の保育園について

事業所内での保育園では、その事業所で働く人の子どもを預かります。働いている最中に預かるため、ほとんどの場合、運動会や学芸会などはありません。そのため、業務量もさほど多くはありません。普通の保育園に比べると、まったりとした雰囲気の中で働くことができます。ベテラン保育士であると、働く親とのコミュニケーションも取りやすく、より求められる人材です。長年保育園で経験を積んできた人であると、優遇されるでしょう。

東京都は全国的にも待機児童の数が多いといわれていたり、保育士の待遇改善や募集が粉割れています。そういったことから、関東で保育士の求人なら東京に数多くの求人があります。