保育士は大変!でも・・・その先にはやりがいがある!

大変なことばかりではありません。

保育士は子ども達の世話をするので非常に大変ですが、大変なことばかりではありません。最初は子ども達も自分で着替えることができなくても、徐々に一人で着替えることができるようになる姿を見ることができます。保育士としてのやりがいは一人ひとり違いますが、全ての保育士が仕事にやりがいを感じながら子ども達に接しています。小さい子ども達の世話をすることは非常に大変なことですが、やりがいがあるからこそ、保育士を続けることが可能でしょう。

子ども達の成長を見る仕事ができるのは保育士のみです

様々な子ども達の成長を見ることができるのは、保育士という職業だけでしょう。子ども達に「先生!先生!」と言われると保育士になって良かったと思う保育士も沢山いることでしょう。しかし、子ども達が悪いことをしたときにはしっかりと叱り、良いことをしたときにはしっかりと褒めることが大切です。子ども達が悪いことを良いことを理解できるように話をしますが、子ども達が理解をしたときには本当に嬉しくなって、これをやりがいにしている保育士もいます。

大変な勉強を乗り越えるとやりがいを感じられる

保育士は免許を取得するには毎日勉強をしてベテランの保育士になるには、保育園へ就職後にも勉強をして努力をする必要があります。しかし、保育士になるための勉強は大変ですが、ベテランの保育士になると多くのやりがいを感じることができます。子ども達と接することでやりがいを感じるからこそ、毎日の勉強にも耐えることができるのでしょう。経験を積むことで管理職まで出世できますが、子ども達の側に常にいたいという思いから管理職にならない保育士も沢山います。

保育士の求人の中途採用では、経験年数に応じて給与体系を優遇してくれるので、やりがいを持って働けます。